即日融資を受ける前に

めでたく結ばれる2人を祝福するにあたっては、できることならお金の心配をしたくないものです。ましてや、招待された結婚式に出席しないなど、もってのほかという場合には、キャッシングの即日融資サービスを利用して資金の問題を解決するのも一つの方法です。

この先、キャッシングを利用して借り入れをするにあたっては、関連する法令についても理解を深めておくことが大切なファクターになります。消費者金融によるキャッシングサービスは、「貸金業法」という法律の適用を受けます。こちらは、平成18年に抜本的な改正が行なわれた法律です。改正された主な内容としては、「総量規制」、「上限金利の引き下げ」、「貸金業者に対する規制の強化」が挙げられます。

その内、総量規制は、借り過ぎ・貸し過ぎを防止するため、融資金額の上限を設ける規制のことを意味します。具体的には、貸金業者からの借入金額が、年収の3分の1を超えると、新規に貸金業者から融資を受けることができなくなります。こちらの規制対象となるのは、個人が貸金業者から融資を受ける場合に限定されます。したがって、銀行による融資や、法人名義での借り入れなどは、総量規制の適用対象外となります。